一部のアプリケーションでは、設置スペースが限られているため、光電センサの設置スペースがありません。 そのため、光ファイバセンサは設置コストが高いにもかかわらずしばしば使用されます。 コントリネックスは、非常に小さいサイズでファイバセンサの代替品を提供する新しい光電センサを開発しました。

直径4mmまたはM5の光電センサを開発しました。このセンサは、ロボット、グリッパ、小型コンベヤなど、パッケージ、ロジスティクス、アセンブリ、オートメーションなどの非常に小さな部品を検出するのに最適です。 光学式のアクティブ光源から内部回路基板およびIO-Link接続までのすべてのコンポーネントは、堅牢なステンレススチールハウジングに組み込まれています。 反射型(LTRバージョン)では12,24,60、または120 mm、透過型(LLRバージョン)では最大500 mmと事前に較正された大きな検出範囲が簡単に設置できます。 これらの小型光電センサは可視赤色光(630 nm)動作で調整が容易になります。 IOリンクを介して設定可能な500Hz〜2.5kHzのスイッチング周波数により、集積化された内部回路は高スループットで動作し、非常に小さな部品、例えばワイヤも検出することができます。

堅牢なステンレスハウジング

V2Aステンレス鋼の円筒形ハウジングは、機械的に非常に頑丈でIP67保護等級を持ち、直径4mmのバージョンとM5ねじタイプ両方ともに埋め込み可能な取り付けが可能です。 先進的な光学フォーカシング技術により、センサの光スポットは50mmの検出範囲でわずか6mmの直径(モデルによります)を持ちます 。これにより最小の部品も確実に検出することができます。 小型光電センサの供給電圧は10〜30VDCの範囲内で、電力およびデータの接続はPURケーブルまたはM8 4ピンコネクタを介して行われます。 センサのタイプによっては、これらの小型デバイスの重量は、コネクタ、ピッグテールまたはケーブルバージョンで4,12または30 gです。 許容動作温度範囲は-25〜+ 65℃(-13〜+ 149°F)です。