多くの産業インターネット (IIoT) アプリケーションは、センサーのデータを収集するために PLC を必要としません。このような場合、IO-Linkセンサからのデータは、IT ベースの監視、計画、管理のために、IO-Linkマスタおよびゲートウェイボックスを使用して直接、独自のクラウドまたはパブリックの クラウド に送信することができます。センサメーカーコントリネックスは今回、クラウドレイル とのコラボレーションを発表し、任意のクラウドでの使用に適し、1分未満で構成することが可能なゲートウェイソリューションを提供します。それは 新しいクラウドレイルボックスです

コントリネックスポートフォリオに クラウドレイル ゲートウェイを含めることで、コントリネックスは産業統合の分野で重要なイノベーターとの協業を発表しました。24 VDC 電源を備えた新しい DIN レールマウント可能なゲートウェイは、SAP、Microsoft Azure、IBM cloud、Google cloud、Amazon など、エンタープライズリソースプランニング、資産管理、予知保全などのデータを収集するクラウドをサポートするように構成できます。Web サービス (AWS) とアリババクラウド。この革新的なプラグアンドプレイデバイスは、IO-Linkインターフェイスを備えた工業用センサーのユーザーが、システムインテグレータの助けなしにセンサデータを独自に統合することを可能にします

「クラウド向けに迅速かつ容易に構成できるゲートウェイソリューションを加え、ポートフォリオを拡大することにより、クラウドベースの IoT アーキテクチャへのセンサ統合プロセスの簡素化を目指しています」と、コントリネックス最高経営責任者のアネット・ハイムリヒャーは述べています。

1分未満でのセンサから任意のクラウドへの構成時間により、クラウドレイル は、産業用センサーを、業界のバス、エッジゲートウェイ、またはオペレーション技術に関するドメインに関する知識がなくても、ユーザーが優先するクラウドプラットフォームに直接接続できるように設計されています。ユーザーはセンサーに接続し、クラウドを選択するだけです。

クラウドレイル のモジュラー構造のおかげで、このゲートウェイは簡単に追加のポートと接続されたセンサーで拡張することが可能です。ユーザーは、単により多くの IO モジュールを差し込むだけで、これ以上の構成は必要ありません。さらに、クラウドレイルには、マルチプロバイダセットアップでも、すべての IoT 対応デバイスを処理できる高度なデバイス管理ソリューションが付属しています。

“新しいパートナーシップは、コントリネックスセンサを最も簡単な方法ですべての主要クラウドと互換性を持つセンサにします: プラグインセンサで、お好みのクラウドプラットフォームを選択し、完了!これは 本当の意味でのOTとIT間の架け橋であり、決してただの掛け声ではありません”とフェリックス・コルマー、CEO、クラウドレイルは述べています