コントリネックスは、次のレベルの標準化に向け、次世代のクラウド対応センサを発表しました。スマートセンサプロファイル (SSP) によって、これらの新しい磁気誘導型 IO-Linkセンサからのデータは非常に均一な構造で構成されており、既存システムの統合をより容易にすることが可能です。さらに、顧客の予防または予知保全対策を強化するために、あらかじめ定義された機能を提供しています

IO-Linkスマートセンサプロファイル (SSP) 3.3 に基づいて設計された、コントリネックスの新しい磁気誘導型センサは、データの均一性に関する業界標準を満たしています。ディセーブル機能を有するデジタル測定センサとして、従来のアナログ出力センサと同等の性能を発揮しますが、デジタルデータ出力を備えています。デバイスには、標準の24ビットプロセスデータ入力 (PDI) と8ビット出力 (PDO) があります。たとえば、距離、スイッチングカウンタ、および温度測定には16ビットの値を割り当てることができ、出力スイッチング信号、スイッチング信号、および設定可能なアラームは8ビット値を持つことができます

ユーザーは、距離、カウンタ、温度など、あらゆる面からセンサの IO-Link構成を定義することが可能です。また、色々なスイッチポイントモード (非アクティブ、シングルポイント、Windows モード、2ポイントモード) や事前定義された予防保全機能 (センサの寿命を超える動作時間になっていないか/最後のパワーアップからの動作時間、センサの寿命を超える切り替え回数になっていないか上のカウンタの切り替え、最後のパワーアップからの切り替え回数、センサ自己診断アラーム)を選択することが可能です

次世代IO-Link対応スマートセンサは標準磁気誘導型の円筒形(M8からM30)及びキュービック型(C8とC44)から投入されます