All the best for 2019!

This year, staff at Contrinex HQ in Switzerland celebrated the holiday season with a retro-style chalet party in the nearby resort of Charmey. Dressed in antiquated ski-wear, everyone had plenty of traditional specialities to eat, drink and fortify themselves against the winter snow!

コントリネックス、クラウドレイルとの協業を発表

多くの産業インターネット (IIoT) アプリケーションは、センサーのデータを収集するために PLC を必要としません。このような場合、IO-Linkセンサからのデータは、IT ベースの監視、計画、管理のために、IO-Linkマスタおよびゲートウェイボックスを使用して直接、独自のクラウドまたはパブリックの クラウド に送信することができます。センサメーカーコントリネックスは今回、クラウドレイル とのコラボレーションを発表し、任意のクラウドでの使用に適し、1分未満で構成することが可能なゲートウェイソリューションを提供します。それは 新しいクラウドレイルボックスです

コントリネックスポートフォリオに クラウドレイル ゲートウェイを含めることで、コントリネックスは産業統合の分野で重要なイノベーターとの協業を発表しました。24 VDC 電源を備えた新しい DIN レールマウント可能なゲートウェイは、SAP、Microsoft Azure、IBM cloud、Google cloud、Amazon など、エンタープライズリソースプランニング、資産管理、予知保全などのデータを収集するクラウドをサポートするように構成できます。Web サービス (AWS) とアリババクラウド。この革新的なプラグアンドプレイデバイスは、IO-Linkインターフェイスを備えた工業用センサーのユーザーが、システムインテグレータの助けなしにセンサデータを独自に統合することを可能にします

「クラウド向けに迅速かつ容易に構成できるゲートウェイソリューションを加え、ポートフォリオを拡大することにより、クラウドベースの IoT アーキテクチャへのセンサ統合プロセスの簡素化を目指しています」と、コントリネックス最高経営責任者のアネット・ハイムリヒャーは述べています。

1分未満でのセンサから任意のクラウドへの構成時間により、クラウドレイル は、産業用センサーを、業界のバス、エッジゲートウェイ、またはオペレーション技術に関するドメインに関する知識がなくても、ユーザーが優先するクラウドプラットフォームに直接接続できるように設計されています。ユーザーはセンサーに接続し、クラウドを選択するだけです。

クラウドレイル のモジュラー構造のおかげで、このゲートウェイは簡単に追加のポートと接続されたセンサーで拡張することが可能です。ユーザーは、単により多くの IO モジュールを差し込むだけで、これ以上の構成は必要ありません。さらに、クラウドレイルには、マルチプロバイダセットアップでも、すべての IoT 対応デバイスを処理できる高度なデバイス管理ソリューションが付属しています。

“新しいパートナーシップは、コントリネックスセンサを最も簡単な方法ですべての主要クラウドと互換性を持つセンサにします: プラグインセンサで、お好みのクラウドプラットフォームを選択し、完了!これは 本当の意味でのOTとIT間の架け橋であり、決してただの掛け声ではありません”とフェリックス・コルマー、CEO、クラウドレイルは述べています

コントリネックス、モレックスとの協業を発表

コントリネックスは、産業オートメーション向けにエンドツーエンドソリューションを提供するグローバルプロバイダーであるモレックスとの協業を発表しました。近年、上層レベルやクラウドベースのアプリケーションへのセンサデータの集約と活用の需要が非常に高まっており、この協業は、コントリネックスの (IIoT) ソリューション提供を更に強化します。また、要求の厳しい、高度かつ先進的なアプリケーションのためのセンサの主要なプロバイダとしての会社の位置付けを確固たるものにします

モレックスとの協業により、自社開発による強力なASICがもたらすトップクラスの検出距離や長寿命を携えたコントリネックスの幅広い磁気誘導型及び光電センサは、満を持して全世界のスマート工場に従事するすべての製品、システム開発者に直接行き渡ります

モレックスの長年に渡り培われてきたエンジニアリングの専門知識とソリューションにより、お客様は、オペレーティング技術から ITレベルまでの統合通信機能を備えたインダストリー4.0を見据えたネットワーク機器およびネットワークプラットフォームのメリットを享受できます。

「当社のポートフォリオにセンサが加わることで、モレックスとコントリネックス両方の専門知識を統合したソリューションを提供することが可能となり、お客様により多くの価値を創出できるようになります」と リッキー・コミニ、ディレクター、インダストリアルオートメーション、モレックスは述べています。「エンド・ツー・エンドのソリューションを提供することは、お客様にとって従来のビジネス・モデルを再考するきっかけとなります。ゴールであるデジタルトランスフォーメーション構築達成を手助けすることで、製造業のお客様に付加価値を提供します」

過酷な環境下での用途に、製品には IP67、68、69K対応と Ecolab 認定取得品が含まれています。また、磁気誘導型センサ製品群においては、極めて堅牢性の高い1ピースステンレス鋼ハウジングを用い、耐塩水、耐溶接といった特徴のある製品も揃えています。広範な光電センサには、特許取得済みの UV 光を使った透明体検出センサやカラーおよびコントラストセンサがラインアップされています。スペースが限られている場合、モレックスはわずか直径3ミリメートル (磁気誘導型) または4ミリメートル (光電) のミニチュア、アンプ内蔵タイプ等幅広い選択肢を提供することができます。ポートフォリオ内のほとんどのセンサーと同様に、これらの小型センサは、リモートセンサティーチング、調整、および監視用としてオプションの IO-Linkインターフェイスも備えています。IO-Linkインタフェースにより、センサプロセスと出力データを IoT アーキテクチャにシームレスに統合し、継続的なモニタリングと予防保全診断を行うことができます

“コントリネックスはモレックスとの協業によって私たちの磁気誘導型と光電センサがモレックスの産業機器向け製品と共にお客様に展開されることに興奮しています” とアネット・ハイムリヒャー、最高経営責任者、コントリネックスは述べています。”モレックスは、業界をリードする専門知識と長年の顧客関係を構築しています。我々は一緒にセンシングの問題を抱えているすべてのお客様に最適なソリューションを提供して参ります”

 コントリネックス 新たなグローバルセールスVPを任命!

アルバート ヴァン ヴィックは 2018年8 月1日付でコントリネックスグローバルセールス バイス プレジデントに任命されました。コントリネックスグループのスイス本社を拠点として、全世界のコントリネックスセールスチャネルを統括します。セールス 、キーアカウントマネジメントのディレクター及びデジタルビジネスの責任者は彼にレポートします。

アルバート ヴァン ヴィックは、8年前にプロダクトマネージャーとしてコントリネックスに入社し、営業重視の職務を遂行し実績を積み上げてきました。彼はキーアカウントマネージメントを設定し、グループのグローバルな顧客管理システムを立ち上げました。さらに最近では、コントリネックスの新しい販売子会社と中国の生産拠点を設立し、最初のカントリーマネージャーの職に就きました。その後3年が経過し、意欲的なスタッフのもと、収益性の高い子会社に成長致しました。彼の体系的なマーケットアプローチと OEMビジネスへ注力する戦略は迅速かつ確実に結果を示しており、今後、グローバルセールスチャネルに幅広く適用されていきます。

Headquarters Summer BBQ!

With a live band playing steelpan music, exotic Caribbean cocktails that were freshly made and a BBQ that had an abundance of meat, the staff at Contrinex headquarters were really able to enjoy themselves!  See here for more photos!

 

 

Contrinex Sri Lanka; General Manager Handover

We are very happy to announce that Contrinex Ceylon (Pvt) Ltd has a new General Manager, Paul Herard! We would like to welcome him to the team and thank Dominique Clement for his great contribution and leadership during the past year. We look forward to having you back here with us in HQ!