コントリネックスのTRU-C23光電センサが透明物体の検知コントロールに最適です。そのパテント技術はUV光を使用します。プラスチックのような透明物体やガラスは偏光されたUV光を多く減衰させます。これにより立ち上げがより簡単になります。検出体の形や厚みは検出に影響を与えません。更にセンサ性能は汚れ、水滴や経年変化に影響されません。同じ検出体で複数の出力が出ることは無くなります。

このセンサは偏光UV光を発光するLEDとUVに合った特別な材質で作られたリフレクタで構成されます。全体のセンサの検出距離は約1200mmです。投受光同軸で特殊な光学系により、高信頼の検出とブラインドゾーン無しが例えセンサに近くても狭い隙間を通しても可能となりました。

このハウジングは僅か30x20x10mmで、同等機器と同じように全C23とコンパチです。IO-Linkはまたリモートによる立ち上げ、診断やパラメータ設定などによる重要な付加価値を標準としてまた追加コストなしで提供します。このセンサはEcolab試験を受け認定され、IP67等級で標準の産業洗浄プロセスに高信頼性耐性があります。

この新しいセンサは高いプライス-パフォーマンスレシオを提供します。このファミリーの2つの新しいメンバーのアプリケーションの代表的なフィールドには食品、薬品、パッケージング産業があり、例えばガラスやプラスチックボトルに充填するとき、プラスチックでパッキングするとき又は透明パッキングフィルム検知が必要な時があります。

  • プラスチックやガラス製品では多く減衰するため、非常に信頼性の高い検出
  • 極薄の物体でも簡単にセットアップ
  • 環境の影響を受けにくいので調整回数を削減でき稼働率をアップ
  • 同光軸で偏光UV光は不感帯がなく、センサに近い物体や穴を通しての検出も可能
  • 検出距離は1200mm
  • 調整はティーチボタン又はIO-Linkから
  • 相互干渉防止
  • 保護等級IP67、Ecolab認定

Product Ranges

Available Products